HOME

更新履歴
世界中の球磨んもん アフリカ・マラウイに暮らす!(山北 亜美さん) 2018/05/23

ニュース 郡市勢は4部門制す 丸目蔵人顕彰少年剣道選手権 2018/05/23

ニュース 地域振興の基本指針示す 日本遺産活用協議会 2018/05/23

ニュース 人吉市の課題 市長に聴く 2018/05/23

瀬音 瀬音を更新しました 2018/05/23

ニュース 緑のカーテン 元気に育て! 2018/05/22

ニュース 別称「人吉シニアクラブ」に “老人”の抵抗感緩和へ 2018/05/22

瀬音 瀬音を更新しました 2018/05/22

ニュース 走り、踊り、歓声響く 「伝統」種目に心技体重ね 2018/05/21

ニュース 隠れ念仏の絵像里帰り 人吉別院から3枚 2018/05/21

瀬音 瀬音を更新しました 2018/05/21

ニュース 梅雨に備え土のう作り 1000袋追加、詰め替えも 2018/05/19

ニュース 地名、風習語り継ごう 先人の思いを次世代へ 2018/05/19

特集 技能者養成の拠点訓練機関 人吉球磨能開センター20年(土曜レポート) 2018/05/19

瀬音 瀬音を更新しました 2018/05/19

ムース ムースを更新しました 2018/05/19

週間ガイド 週間ガイドを更新しました 2018/05/19

ニュース 甘~いモモ出荷始まる ハウス栽培、品質良好 2018/05/18

ニュース 地元産の農産物食べてね 相良村施設園芸部会 2018/05/18

ニュース 交通安全協会費が激減 2018/05/18

郡市勢は4部門制す 丸目蔵人顕彰少年剣道選手権(2018/05/23) (2018/05/23)
./img/news/20180523044146_1.jpg1686
大会で稽古の成果を競う選手たち
 第49回剣豪「丸目蔵人」顕彰少年剣道選手権大会は20日、錦勤労者体育センターで開かれ、九州各県の小中学生506人が集い優勝目指して熱戦を展開し、郡市勢は4部門を制した。
 錦町主催、人吉球磨剣道連盟後援。戦国時代の剣豪で、切原野(錦町一武)で晩年を過ごした兵法タイ捨流の創始者・丸目蔵人佐を顕彰する大会。
 小学生の部は5部門に385人、中学生の部は4部門に121人がエントリー。いずれもトーナメント戦で競った
 午前8時半から開会式が行われ、大会会長の森本完一錦町長は「日ごろの練習の成果をいかんなく発揮し、気迫に満ちた試合を期待する」とあいさつ。
 来賓の松田三郎県議、市田昇町議会議長がそれぞれ祝辞を述べ、錦中学校剣道部の内山諒一郎、西萌々子両主将が「いつも指導してくださる先生方、支えてくれる保護者に感謝し、正々堂々戦う」と力強く宣誓。タイ捨流を受け継ぐ「龍泉館」(八代市)が演武を披露した。
 引き続き各部門の試合が行われ、少年剣士たちは「メン」「ドウ」と声を張り上げ、勝利を目指して奮闘。多くの保護者や指導者が声援を送り、会場は熱気に包まれていた。
ログインして続きを読む

トップへもどる