HOME

更新履歴
ニュース 住民の思い復興計画へ 地域懇談会で意見聴取 2020/11/27

ニュース 若い力 復旧後押し 郡市内外中高生ボラ活動 2020/11/27

ニュース 高校最後 全国大会へ 地元出身の平野、菱谷さん 2020/11/27

ニュース 議長に倉本氏(4期目)再選 改選後初の湯前町議会臨時会 2020/11/27

瀬音 瀬音を更新しました 2020/11/27

特集 熊本県弁護士会 20(豪雨災害悩み相談所) 2020/11/26

ニュース 104億3000万円を追加へ デジタル無線設計委託も 2020/11/26

ニュース 森林守り育てる担い手に 地元の事業体が高校生へ 2020/11/26

ニュース 海老原先生頌徳碑建立へ 人吉二中敷地内に 2020/11/26

瀬音 瀬音を更新しました 2020/11/26

ニュース 復旧・復興プラン発表 基本理念、ビジョン示す 2020/11/25

ニュース 県道人吉市大柿球磨村八久保間早期開通を要望 2020/11/25

ニュース ヤギとふれあい心癒やす 球磨川河川敷でイベント 2020/11/25

瀬音 瀬音を更新しました 2020/11/25

ニュース 振興基金10億円積み増し 撤回から建設で陳謝 2020/11/24

ニュース 「命も清流も守れない」 市民団体ら容認に抗議 2020/11/24

ニュース 包丁さばきにくぎ付け 魚彩館の池田社長迎え学習 2020/11/24

瀬音 瀬音を更新しました 2020/11/24

ニュース “流水型ダム”に賛否 郡市民の思い聞く 2020/11/21

ニュース 翻ろうの歴史 課題は 前五木村長和田さんがダム問題解説 2020/11/21

住民の思い復興計画へ 地域懇談会で意見聴取(2020/11/27) (2020/11/27)
./img/news/20201127040453_1.jpg4089
46人が出席した万江地区の懇談会
 7月豪雨からの復旧・復興へ向けた山江村の地域懇談会が22日、山田、万江両地区で開かれ、内山慶治村長ら執行部は住民から発災当時の状況や復旧等に関する意見、要望を聞いた。これから策定する復興計画に生かす。
 同村は、7月豪雨で住家や道路、上下水道、農地などが被害を受けた。幸い人的被害はなかったものの、住家は全壊11棟、大規模半壊6棟、半壊8棟、一部損壊20棟の計45棟が被災。県道人吉坂本線の一部が崩落し、住民は一時孤立した。
 このような状況を受け、村は10月に災害検証及び復興計画策定委員会を設置し、万江川、山田川流域の現場検証、ワークショップ、ヒアリングを実施。来月下旬に復興計画の素案をまとめ、今年度中の策定を目指す。
 地域懇談会は、午前中に同村農村環境改善センター、午後から万江コミュニティーセンター大集会場でそれぞれ開かれ、両地区の住民ら計67人が出席した。
 万江地区の懇談会では、内山村長が「新しい村づくりに向けて『鎮山親水』をテーマとし、皆さんの意見を聞きながら復興計画を策定したい」とあいさつ。
 担当者が豪雨の概況と被害状況を説明した後、各区長が水害当時の状況について「防災無線は聞こえず、道路に水があふれて避難もできない状況だった」「雨の勢いが強く、懐中電灯は役に立たなかった」「家の横まで土砂がきた。今まで生きてきた中で初めての経験」などと語った。
 出席者からは「まずは来年の梅雨までに土砂の撤去、河床掘削をやってほしい」「安全な場所に避難所を建てるべき」「生活再建が最優先」「決壊した堤防をより強固な物にしてもらいたい」といった要望のほか、「山を治めなければ川も治まらない」「砂防ダムの効果の公表を」などと意見が出された。
ログインして続きを読む

トップへもどる