HOME

更新履歴
ニュース 創造的復興と課題解決へ 市町村や団体集め説明会 2022/01/27

ニュース おいしく食べて知名度向上も 「球磨茶ぷりん」販売 2022/01/27

ニュース 脱炭素社会目指し宣言 再生エネ導入計画策定へ 2022/01/27

瀬音 瀬音を更新しました 2022/01/27

ニュース ふるさと納税2年連続1億円突破 災害復興支援寄付続く 2022/01/26

ニュース 農産加工品の販路拡大へ オンラインで相談会 2022/01/26

瀬音 瀬音を更新しました 2022/01/26

特集 尾方 惟紀さん(話題の人にインタビュー) 2022/01/25

ニュース 再び客足遠のき「またか…」 時短や休業、対応分かれる 2022/01/25

ニュース 「コンクール」「ひろば」休止へ 犬童球渓顕彰音楽祭 2022/01/25

ニュース 全国の“高校牛児”と交流 肉質高評価も入賞ならず 2022/01/25

瀬音 瀬音を更新しました 2022/01/25

ニュース 住まい再建へ宅地分譲 並木野に8800平方㍍確保 2022/01/24

ニュース 命守る行動の目安に 「洪水標識」3カ所設置 2022/01/24

ニュース 「広報ひとよし」佳作と入選 復興の歩み伝え評価 2022/01/24

瀬音 瀬音を更新しました 2022/01/24

特集 被災者の心の復興を 人吉市災害ボラセン(土曜レポート) 2022/01/22

ニュース 無理な登山やめて! 被災し通行止め続く林道相良五木線 2022/01/22

ニュース 濁り続く水道設備現状は 大谷地区訪れ意見聴取 2022/01/22

瀬音 瀬音を更新しました 2022/01/22

創造的復興と課題解決へ 市町村や団体集め説明会(2022/01/27) (2022/01/27)
./img/news/20220127033521_1.jpg5122
出席者に概要、提案を説明するJICAの職員
 令和2年7月豪雨災害の創造的復興に向け、JICA(国際協力機構)と熊本県が連携し、企業などからの提案と人吉球磨の地域課題をつなぐ「ひごラボ」の説明会がこのほど、人吉市相良町の同市まち・ひと・しごと総合交流館「くまりば」で開かれ、自治体や団体の担当者に具体的な企業の提案を紹介した。
 「ひごラボ」は、JICA九州と県球磨地域振興局が郡市10市町村の地域課題マッチングプラットフォームとして、昨年12月下旬に発足。事務局は「くまりば」に置いている。
 説明会には10市町村や商業、観光、地域おこし団体などの担当者約20人、リモートで約10人が出席。
 JICAから熊本県立大学に出向中の田中耕太郎特任教授が「豪雨災害からの創造的復興は行政だけではもともと難しいテーマ。コンセプトだけでなく、実際に動かしていくのは骨が折れる仕事。中山間地域が抱える困り事の領域は広い。そこを企業、団体の技術、知恵を使って解決していく。日本の田舎が抱える課題をよそものからのビジネスモデルで解決の糸口がつかめたら」とあいさつした。
 実際に寄せられている8企業からのビジネス、提案として、「ボランティアドライバーによる地域の移動手段確保の仕組みづくり」「大手企業からプロボノ人材の短期受け入れ」「地域内再生エネルギー発電及び蓄電池、EVを活用した地域防災モデル」「火災情報の通知や水利の位置情報把握などを支援する消防団向けの防災アプリ」などを紹介。
 出席者からは「無償、有償のケースは」「連絡先、窓口はどこに」などと質問が寄せられていた。
ログインして続きを読む

トップへもどる