HOME

更新履歴
特集 運転記録証明書効果は 発行先の原所長に聞く(土曜インタビュー) 2022/10/01

特集 宮原 雅史さん(話題の人にインタビュー) 2022/10/01

ニュース くまろんフェア 郡内拡大し3年ぶり復活 2022/10/01

ニュース タイ王国派遣インフルエンサー 人吉球磨の魅力世界発信 2022/10/01

瀬音 瀬音を更新しました 2022/10/01

週間ガイド 週間ガイドを更新しました 2022/10/01

ニュース ダムできたらどうなる? 3年生鋭く一般質問 2022/09/30

ニュース 閉校向け記念事業検討 実行委員会が発足 2022/09/30

瀬音 瀬音を更新しました 2022/09/30

ニュース 人吉市議会 議員定数18を16へ改正 来春改選から適用 2022/09/29

ニュース ジビエ人気でシカ肉不足 持ち込み少なく1カ月待ち 2022/09/29

瀬音 瀬音を更新しました 2022/09/29

ニュース 川辺川上流の河川整備へ 測量前に住民説明会 2022/09/28

ニュース 佐藤君が“和牛五輪”出場 小倉君は県予選優秀賞 2022/09/28

ニュース 「分校同盟」で生徒間交流 人高五木分校と八代農泉分校 2022/09/28

瀬音 瀬音を更新しました 2022/09/28

ニュース ユダヤ教徒の沐浴施設? 専門家3人招き謎迫る 2022/09/27

ニュース 人吉駅に人と活気戻る 親子でレール快走 2022/09/27

瀬音 瀬音を更新しました 2022/09/27

ニュース 災害ボラと消防団 力合わせ浸水家屋復旧 2022/09/26

くまろんフェア 郡内拡大し3年ぶり復活(2022/10/01) (2022/10/01)
./img/news/20221001055005_1.jpg5692
「クリクリシュー」(左)と「マロンパイ」を手にする東社長
 郡市を代表する秋の味覚「球磨栗」を使った多彩なスイーツを提供する「復活!くまろんフェア2022」が、きょう1日から郡市の協力店28店で始まった。今月31日まで。
 主催は人吉市、球磨地域振興局、JAくまでつくる実行委員会(会長・前村洋宣人吉市役所農業振興課長)。
 昨年、地域団体商標に登録された「球磨栗」のおいしさを消費者にPRし地産地消とブランド化につなげようと、4年前に当時の「人吉ブランド化実行委員会」が市内で始め、令和元年に第2回を開催後中断、同委員会も解散していた。
 3年ぶり3回目となる今回は、球磨郡町村などの協力を得て郡市一円に範囲を拡大して28店が参加。球磨栗を使ったケーキ、パイ、ジェラート、プリン、ムース、パフェ、ムースチョコ、パン、万十、栗きんとんなど和洋41品を販売している。
 人吉市中青井町のラッキーブランチ青井の杜店(東直樹社長)では、マロンクリームと渋皮煮を使った「マロンパイ」と「クリクリシュー」を用意。開店早々に品切れとなり、追加分の準備に追われていた。
 東和文会長(70)は「クリクリシューは3年ぶりの復活。過去のフェアのおかげでクリは秋の人気商品で、うちでは6種類を販売しており、味わってもらえれば」、前村会長は「3年ぶりの復活。各店を回って秋の味覚を楽しんでいただきたい」と呼び掛けている。
 協力店は次のとおり。
▽人吉市 ラッキーブランチ青井の杜店、おまんじゅう宮、BonBonベーカリー、町家ギャラリー立山、ベーカリーポポロ、ケーキ工房ポエム、ナチュラル・パンとお菓子の工房、バナナの森ピコット、トレーラーカフェ一福、パン工房むぎ
▽錦町 ひみつ基地ミュージアム、花ごころ、JAくま直販センター、市房堂、ファーマーズカフェ咲莉、tutiya31Spotイナホヤ
▽あさぎり町 菓子工房KANEKO、パン工房麦の音
▽多良木町 川辺製菓本舗、TAKEOUTCAFEそわか、那須宝来堂、CafeRosy+
▽湯前町 兼田製菓舗、庄籠製菓舗
▽水上村 水上村物産館水の上の市場
▽相良村 日々パン
▽五木村 CAFEみなもと
▽球磨村 ソフトクリームCafe花香房
ログインして続きを読む

トップへもどる