HOME

更新履歴
ニュース 復旧・復興プラン発表 基本理念、ビジョン示す 2020/11/25

ニュース 県道人吉市大柿球磨村八久保間早期開通を要望 2020/11/25

ニュース ヤギとふれあい心癒やす 球磨川河川敷でイベント 2020/11/25

瀬音 瀬音を更新しました 2020/11/25

ニュース 振興基金10億円積み増し 撤回から建設で陳謝 2020/11/24

ニュース 「命も清流も守れない」 市民団体ら容認に抗議 2020/11/24

ニュース 包丁さばきにくぎ付け 魚彩館の池田社長迎え学習 2020/11/24

瀬音 瀬音を更新しました 2020/11/24

ニュース “流水型ダム”に賛否 郡市民の思い聞く 2020/11/21

ニュース 翻ろうの歴史 課題は 前五木村長和田さんがダム問題解説 2020/11/21

ニュース 肥後西村駅湯前駅区間部分開通目指す くま川鉄道 2020/11/21

ニュース 和牛の測定 見方は? 球磨畜協職員に学ぶ 2020/11/21

瀬音 瀬音を更新しました 2020/11/21

週間ガイド 週間ガイドを更新しました 2020/11/21

特集 門崎 博幸さん(話題の人にインタビュー) 2020/11/20

ニュース 「命と環境の両立が民意」 会見で改めて強調 2020/11/20

ニュース 流域治水に賛否の声 2020/11/20

ニュース 「流水型ダム」を容認 流域が一体となって推進へ 2020/11/20

ニュース デジタルクラブ「楽しい」 26日に実践公開授業 2020/11/20

瀬音 瀬音を更新しました 2020/11/20

復旧・復興プラン発表 基本理念、ビジョン示す(2020/11/25) (2020/11/25)
./img/news/20201125042101_1.jpg4082
復旧・復興プラン案を協議する本部会議
 熊本県は24日、令和2年7月豪雨からの球磨川流域における「復旧・復興プラン」をまとめた。「緑の流域治水」の一つとして新たな流水型ダムの推進を計画に盛り込み、復旧・復興へ向けて直ちに実施する喫緊の取り組み、中長期的な視点で推進する持続可能な地域の実現に向けた将来ビジョンを示した。
 基本理念は「生命・財産を守り安全・安心を確保する」「球磨川流域の豊かな恵みを享受する」の2点。「愛する地域で誰もが安全・安心に住み続けられ、若者が“残り・集う”持続可能な地域の実現」を目指す形に掲げた。
 また、取り組みの項目を①すまい・コミュニティーの創造②なりわい・産業の再生と創出③災害に強い社会インフラ整備と安心して学べる拠点づくり④地域の魅力の向上と誇りの回復―の4つに分類した(別表参照)。
 プランの期間や再建時期は今のところ定めていないが、喫緊の取り組みは5年以内、中長期的な取り組みは10年後を見据える。今後、地域の実情を踏まえながらプランの見直しを行う。
 喫緊の取り組みでは、住民の命と地域の宝である清流を守る「新たな流水型のダム」の推進を軸とし、速やかな再度災害防止のための緊急治水対策に河道掘削や堤防整備、堆積した土砂や流木の早期撤去、球磨川支流等の災害復旧や改良事業などを挙げた。具体的な対策は球磨川流域治水協議会の議論を経て、同2年度内に公表する予定。
 また、戸別受信機の設置や警報サイレン等の増設、最大規模の洪水に対応したハザードマップの策定、要支援者個別計画の作成などを実施する。
 中長期的な取り組みは、人吉市街地をはじめとした道路改良と一体的な街並み空間の再構築、国道219号と対岸道路の嵩上げ、防災公民館や防災道の駅の整備、緑の流域治水をテーマとした治水研究を推進する「球磨川流域大学」(仮称)の設置、緑の雇用創出に向けた森林資源の活用などとなっている。
 プランの実現に向けて被災した市町村への支援と相互連携を促進し、「球磨川流域版スーパーシティ構想」(国家戦略特区)の検討、実現による復旧・復興プランの取り組みを展開する。
 さらに、五木村の振興を県政の重要課題に位置付け、同村振興基金を10億円上乗せする。相良村上四浦地区の活性化に向けた取り組みも支援する。

●持続可能な地域実現へ
 蒲島郁夫県知事は今回のプランについて「住民の皆さんから聴いた生の声、有識者会議の提言、未曾有の災害により危機的状況にある被災地の復旧・復興の喫緊の課題と将来ビジョンを描いたもの。着実かつ迅速に進めながら持続可能な地域の実現につなげる」と意欲をみせた。
 スケジュールに関しては「できるだけ早く県全体のプランを整理し、被災市町村の復興計画の策定につなげることが大事。今回示した基本的な考え方を国と市町村と一緒に具体化する。皆さんの期待以上の早さで進んでいくと思う」。
 プランに掲げられた考え方は「緑の流域治水というフレームの中で全てが関連している。安全、安心、命、環境、自然、そして清流を大事にしていくことが持続可能な地域となる」と述べた。
ログインして続きを読む

トップへもどる