HOME

更新履歴
ニュース 宝来町の公民館型「みんなの家」着工 2023/02/07

ニュース 福岡市出身の岩崎さん 被災した祖父母宅を改修 2023/02/07

ニュース 豆腐使って多彩に料理 オンラインクッキング教室 2023/02/07

瀬音 瀬音を更新しました 2023/02/07

ニュース 天狗橋の復旧に向け 一部撤去工事始まる 2023/02/06

ニュース 人吉ひかりの復興プロジェクト協議会 事業説明し意見交換 2023/02/06

ニュース 火の国ぼうさい塾開講 地域防災リーダーを養成 2023/02/06

瀬音 瀬音を更新しました 2023/02/06

特集 有害鳥獣活用し活性化 美食の森たらぎジビエ(土曜レポート) 2023/02/04

ニュース 観光復興願いあでやかに 球泉洞で開幕イベント 2023/02/04

ニュース あさぎり地域づくり協同組合発足 農業繁忙期に人材派遣 2023/02/04

ニュース 異国文化認め合うために オンライン人権教育 2023/02/04

瀬音 瀬音を更新しました 2023/02/04

週間ガイド 週間ガイドを更新しました 2023/02/04

ニュース 「ひごラボ」設立1年 企業提案で地域課題解決 2023/02/03

ニュース 人形や作品に“ほっこり” 「人吉球磨のひなまつり」開幕 2023/02/03

瀬音 瀬音を更新しました 2023/02/03

ニュース クラフトパーク石野公園・道の駅 入園者7万人台に回復 2023/02/02

ニュース 「人吉球磨のひなまつり」 あすから華やかに開幕 2023/02/02

瀬音 瀬音を更新しました 2023/02/02

宝来町の公民館型「みんなの家」着工(2023/02/07) (2023/02/07)
./img/news/20230207042918_1.jpg5975
工事の無事を祈る参加者
 令和2年7月豪雨で被災した公民館の再建に向け、人吉市宝来町の公民館型「みんなの家」の起工式が4日、宝来薬師堂横の建設予定地で行われ、地域の思いを形にした復興拠点整備の無事を祈願した。
 被災地の創造的復興を目的に、日本財団の資金助成を受け、熊本県建築住宅センター、熊本工務店ネットワークが事業主体となり、くまもとアートポリス事業で設計者を選定、地域のワークショップを重ねて意見を整備に反映している。
 球磨川流域の被災地9カ所(人吉市4カ所、球磨村3カ所、坂本町2カ所)に建設を計画。そのうち、同市は温泉町、大工・二日町、上・下新町、宝来町の計4カ所で、温泉町は3月、残る3カ所は6月の落成を目指す。
 宝来町では、元公民館跡の道向かいが建設予定地。設計は東京都の乾久美子建築設計事務所、施工は熊本市のモリスデザイン。
 木造平屋約60平方メートル。地面から高さ90センチを浸水を防ぐコンクリート製の腰壁で囲み、屋根は「みんなが集まれる思いを込めた寄せ棟屋根」と設計担当の堀上薫乃さん。
 地域の思いを反映し、玄関側に隣接した充実のオープンキッチン、イベントなどで屋内外への移動がしやすいよう大きな出入り口を2カ所、土間と板間の段差をなくした。

●活性化と復興拠点へ
 起工式は令和2年7月豪雨から2年7カ月の節目の日となり、熊本県や人吉市、事業主体、施工、設計業者、町内会などから約20人が出席。仏事による地鎮祭が行われ、参加者は焼香で工事期間の無事を祈願した。
 同住宅センターの田邉肇専務理事は「いよいよ思いのこもったみんなの家がきょう起工式を迎える。素晴らしい公民館を手掛けてもらえる」、同ネットワークの久原英司会長は「これまでの被災地の公民館再建を通し、公民館が出来ると地域は活性化されると実感している。地域のイベント再開、コミュニティーが新しくなり、年齢差なく交流を深める場になっており、その手伝いができるのは本当に誇りに思う」とあいさつ。
 内布亨町内会長は「豪雨災害から2年7カ月を迎え、宝来町の行事はほとんどない。約2割が避難され、空き地だらけの状態。このみんなの家が、また人が戻ってくるきっかけになれば」と述べた。
ログインして続きを読む

トップへもどる