HOME

更新履歴
高校野球 人吉は惜しくも敗退 37年ぶりのベスト8ならず 2019/07/18

ニュース 乗り合いタクシー導入へ 3エリアに分けて 2019/07/18

ニュース 川上氏の偉業発信へ プロモビデオ撮影 2019/07/18

ニュース “ゲーム症”に注意を! 児童、保護者学ぶ 2019/07/18

瀬音 瀬音を更新しました 2019/07/18

特集 ランチタイムに冷やし麺御膳を(かわら版) 2019/07/17

ニュース 販売額6億円超え好調 「ゆうべに」がトップ 2019/07/17

ニュース 笑いと感動 会場包む よしのとゆかいな仲間たち 2019/07/17

ニュース 大田黒、豊岡さん最優秀賞 各校推薦の28人堂々と 2019/07/17

瀬音 瀬音を更新しました 2019/07/17

ニュース 本紙創刊60周年記念 「さかなクン」講演会 2019/07/17

高校野球 球磨工、人吉とも16強 初回に猛攻、コールド勝ち(人吉球磨日本遺産) 2019/07/16

ニュース 郡市で200㍉超す大雨 山江村は1時間に73㍉ 2019/07/16

ニュース 人吉フォーティーライナーズ優勝 5度目の全国大会へ 2019/07/16

瀬音 瀬音を更新しました 2019/07/16

特集 聴覚障がい者への情報提供 交流拠点「We Rou」(土曜レポート) 2019/07/13

ニュース 新婚夫婦を応援! 1世帯に上限30万円補助 2019/07/13

ニュース 鉛筆で綿密に描写 艦船画家の菅野さん奉納 2019/07/13

ニュース 郡市初のコワーキングスペース 「くまりば」にオープン 2019/07/13

瀬音 瀬音を更新しました 2019/07/13

乗り合いタクシー導入へ 3エリアに分けて(2019/07/18) (2019/07/18)
./img/news/20190718041003_1.jpg2655
乗り合いタクシー制度について協議した会議
 相良村地域公共交通会議が16日、同村ふれあいセンターで開かれ、乗り合いタクシー制度の修正事項や地区別懇談会の結果を報告した。10月1日から運用を開始する予定で、今後、ダイヤの見直しや交通事業者の選定など必要な手続きを進めながら制度の周知に努める。
 同制度は、高齢者の通院や買い物などの移動支援を行うとともに、誰もが公共交通を利用できる環境を目指すことを目的とし、利用者から予約があった場合に自宅から指定の目的地までタクシーに乗り合う。
 運行計画によると、村内のエリアを四浦、川辺、深水・柳瀬の3エリアに分け、利用対象者は平成30年8月に実施したニーズの調査結果、外出支援事業の利用者や交通空白地域の居住者らを想定。利用者の自宅から拠点施設までの区間で小型タクシー(乗客4人まで)を運行するが拠点施設間の利用はできず、人吉市方面などへの移動については路線バスを使う。
 利用するためには、前日までの予約が必要。四浦は月・水曜日、川辺は月・金曜日、深水・柳瀬は水・金曜日に運行。エリア内拠点間の運賃は一律100円で、エリア外に関しては300~600円に設定。運賃は小学生は大人の半額、6歳未満の乳幼児は無料。障がい者割引もあり、運行時間は予約状況に応じて前後する。

●意見、要望参考に
 この日の会議には区長会や婦人会、産交バス人吉営業所、タクシー会社、球磨地域振興局、九州運輸局熊本運輸支局、人吉警察署などから約20人が出席。会長の徳田正臣村長は「住民のために交通の便を確保する体制をつくりスタートできれば」とあいさつ。
 議事では、村の担当者が運行形態の変更点、地区別懇談会の結果をそれぞれ報告し、いずれも承認した。
 運行形態については、四浦エリアに緒方医院を追加し、地区の実情に応じて運行曜日を変更。懇談会で住民から「決まった時間だと使いづらい」「四浦は地区によっては割高になるので多少の抵抗がある」「乗り換えが苦痛に感じる」といった意見や要望があった。
 肯定的な意見では「病院へ行くのに便利」「たまには一人で買い物に行きたいときもあるので利用したい」などと意見が出された。
 出席者からダイヤの調整など想定される課題について質問があり、ある委員は「普段のタクシーではなく、バスを利用するイメージで制度を周知してほしい」と注文した。
 徳田村長は「全ての村民を完璧に支援することはできないかもしれないが、課題を解決しながら住民の移動手段を確保していきたい」と述べた。
ログインして続きを読む

トップへもどる