HOME

更新履歴
高校野球 6回に打者一巡の猛攻 投の古堀、宮本必勝リレー 多良木高 2018/07/16

高校野球 大坪、山路が本塁打 柴尾は2安打8奪三振の好投 球磨工高 2018/07/16

ニュース 今、自分にできることは 被災地交流へ弾み 2018/07/16

ニュース 外国人が喜ぶ滞在プランは おもてなし内容検討 2018/07/16

瀬音 瀬音を更新しました 2018/07/16

ニュース 無病息災願い続々 鍛冶屋町の多子塔公夏祭り 2018/07/14

ニュース 一輪車って楽しい! 世界チャンピオンに学ぶ 2018/07/14

特集 休校中の槻木小に“児童”「希望いきいき学校」開校(土曜レポート) 2018/07/14

特集 夏の短期水泳教室おおがスイミング(かわら版) 2018/07/14

瀬音 瀬音を更新しました 2018/07/14

週間ガイド 週間ガイドを更新しました 2018/07/14

高校野球 健闘の人吉 敗れる 強敵秀岳館に、先制実らず 2018/07/13

ニュース グランプリに清水さん ツクシイバラフォトコン 2018/07/13

ニュース 花に笑顔を添え宅配 一人暮らしの高齢者らに 2018/07/13

ニュース パソコン使い遠隔授業 物理を高森高校生へ 2018/07/13

特集 第一志望校合格目指しませんか(かわら版) 2018/07/13

瀬音 瀬音を更新しました 2018/07/13

世界中の球磨んもん ドイツ・ハンブルクに暮らす!(山口 春菜さん) 2018/07/12

高校野球 川口の本塁打で勢い 八代工の中盤の反撃しのぐ 多良木高 2018/07/12

高校野球 山路4安打の活躍 荒川、坂本継投で御船を零封 球磨工高 2018/07/12

今、自分にできることは 被災地交流へ弾み(2018/07/16) (2018/07/16)
./img/news/20180716052407_1.jpg1805
東日本大震災関連の絵本を見る大畑小児童
 「僕たち、私たちに今できることは」―。
 人吉市の大畑小学校(平川公徳校長)で13日、ユニセフ(国際連合児童基金)の出前授業が行われ、全校児童68人はネパールと東日本大震災の被災地の子どもたちが置かれた現状や自分たちにできる支援に思いをはせた。
 同校では昨年、市の「命を大切にする心」を育む週間の取り組みとして、初めてユニセフの出前授業を実施。政情不安や紛争で学校に行けない子どもたちの存在やユニセフの支援について学んだ。
 ことしは、東日本大震災の復興支援に取り組む人吉球磨の「熊本もやいグループ絆」から「石巻日日こども新聞」が贈られたことをきっかけに、被災地の現状や震災での気付き、困り事を質問。
 被災地との縁ができたことで、今後は校内のボランティア委員会を中心に、ユニセフの募金活動への協力に加えて同グループや東日本大震災の被災地との交流を検討している。
 この日は、熊本県ユニセフ協会の保田清美事務局長と運営委員の上村雅子さんが来校。
 はじめに、ネパールの学校や地域を撮影した画像を投影。上村さんは「かわいそうと思うだけで終わらず、世界の友達のために自分は何ができるかを考えてほしい」と語り、東日本大震災を題材にした絵本「はしれ!上へ」を読み聞かせた。
 保田さんは「ユニセフでは世界の子どもたちが健康で安全に、安心して過ごせるように取り組んでいる。命を大切にする心を育む取り組みを通して世界に目を向け、活動してほしい」と呼び掛けた。
 5年生の清家優衣さん(10)は「世界にも日本にも困っている人はたくさんいる。進んで募金活動に協力し、私たちの思い、願いが伝われば」と話した。
ログインして続きを読む

トップへもどる