HOME

更新履歴
特集 ホテルサン人吉 レストランも再開(かわら版) 2021/01/25

ニュース 「心配」20%以上が回答 再建場所の安全性や費用 2021/01/25

ニュース 19人が集団感染 新型コロナ急増 2021/01/25

ニュース 対策本部会議で対応協議 「5人以上の会食自粛を」 2021/01/25

瀬音 瀬音を更新しました 2021/01/25

特集 オンライン英会話導入 県内初の黒肥地小学校(土曜レポート) 2021/01/23

ニュース 13学科コース360人出願 高校全日制前期選抜 2021/01/23

ニュース 田野小跡に製造施設 高橋酒造と新設で覚書 2021/01/23

瀬音 瀬音を更新しました 2021/01/23

週間ガイド 週間ガイドを更新しました 2021/01/23

特集 キャンペーンなども展開中のTulsi(かわら版) 2021/01/22

ニュース 記録的な豪雨、高温 令和2年気象統計 2021/01/22

ニュース 学校給食にも登場! きょうは「カレーの日」 2021/01/22

ニュース 「中規模半壊」対象に 市の申請受け付け始まる 2021/01/22

ニュース 渡小の「風」会長賞に PTA広報紙コンクール 2021/01/22

瀬音 瀬音を更新しました 2021/01/22

ニュース 経験を教訓に次世代へ 検証、アンケート始まる 2021/01/21

ニュース 8年連続 県広報協会賞 「広報湯前」が町村部で特選 2021/01/21

ニュース 「仮設公民館」オープン 常駐者置き相談対応も 2021/01/21

瀬音 瀬音を更新しました 2021/01/21

再建場所の安全性や費用「心配」20%以上が回答(2021/01/25) (2021/01/25)
./img/news/20210125050036_1.jpg4254
住宅再建にあたり心配や困っていること
 令和2年7月豪雨からの復興計画策定に向けて、相良村は住宅と農地の被災者、中学生を対象にした意向調査の集計結果を公表。住宅被災者は再建する場所の安全性、建て替えや修理の費用を心配する回答が20%以上を占めた。
 川辺川が流れる同村は、昨年7月の水害で川沿いを中心に家屋や農地、道路など広い範囲で被災したため、復興計画の策定を目指して10月に委員会を設置。12月に同計画の骨子案が示され、今年度中の策定を見込んでいる。
 意向調査は11月から12月にかけて実施。今後の復旧・復興への意見を把握し、復興計画の基礎資料にする。
 住宅被災者は罹災証明書が発行された181世帯が対象で、解答したのは159世帯、回収率は87.8%。水害前と同じ場所に住んでいる人は77%、居住場所を移した人は仮設住宅とみなし仮設住宅が約7割。
 再建を検討している人で元の場所に建て替えたいと答えたのは71.4%で、心配や困り事(複数回答可)は再建場所の安全性が28.9%、建て替えや修理の費用が24.5%に上った。
 今後、安心安全に暮らしていくために必要なことについては河川の早期整備、宅地や堤防の嵩上げ、新たな避難所の整備、地区ごとの避難計画作成など、今水害を教訓とした意見・要望が多かった。
 農地被災者は358世帯のうち255世帯分が回答し、回収率は71.2%。農業を「続けたい」と答えた人は46%、「やめたい・やめざるを得ない」が8%、「今はまだ分からない」は21%だった。
 農業を続けていく課題として「経営基盤(農地・農道等)の復旧のめどが立たない」が42.4%、後継者不足が30.3%を占めた。被災した農地や農業用施設の復旧、個人負担への支援を望む声が多い。
 中学生は、114人中111人がアンケートを提出。今回の豪雨で感じたことは「自然の力は怖い」「当たり前の生活がどれだけ幸せだったか」「もっと備えておけばよかった」など。
 これからも村に住み続けたいと答えた理由では「自然豊かで美しく、空気もきれい」「誇れるものがたくさんある」など。茶の専門店や図書館、スポーツ・娯楽施設などを求める意見があった。
 なお、それぞれの調査結果は村のホームページで閲覧できる。
ログインして続きを読む

トップへもどる