HOME

更新履歴
特集 悩み解消に全力「子ども子育て相談員」の永田さん(土曜インタビュー) 2017/12/16

ニュース 「手づくり郷土賞」に 球磨川ツクシイバラの会 2017/12/16

瀬音 瀬音を更新しました 2017/12/16

週間ガイド 週間ガイドを更新しました 2017/12/16

ニュース 反戦訴えた僧侶描く 中原丈雄さんの主演映画「明日へ」 2017/12/15

ニュース オレオレ詐欺に注意! 2017/12/15

ニュース グランピング施設 整備予算を可決 2017/12/15

瀬音 瀬音を更新しました 2017/12/15

ギャラリー ギャラリーを更新しました 2017/12/15

ニュース 最優秀賞に2人 郡市26園から576点の応募 2017/12/14

ニュース 年賀状を絵手紙で 山江中3年生が挑戦 2017/12/14

ニュース 「ヒートショック」に注意 温度管理の徹底を 2017/12/14

瀬音 瀬音を更新しました 2017/12/14

ニュース クリスマスをテーマに 英会話教室 2017/12/13

ニュース やまえ栗 フランス・パリで高評価 2017/12/13

特集 “湯楽里”特選のおせち予約受付中(かわら版) 2017/12/13

瀬音 瀬音を更新しました 2017/12/13

ニュース 全国中学生人権作文コンテスト、人権川柳コンテスト 優秀賞多数 2017/12/12

ニュース 球磨地域保健医療 第7次計画の策定へ 2017/12/12

特集 正月準備はもう お済みですか?(かわら版) 2017/12/12

「手づくり郷土賞」に 球磨川ツクシイバラの会(2017/12/16) (2017/12/16)
./img/news/20171216050340_1.jpg1333
毎年、開花期前に取り組んでいる除草作業
 地域づくりの優れた取り組みを表彰する国土交通省の平成29年度「手づくり郷土賞」の選定団体が14日に発表され、一般部門で錦町の「球磨川ツクシイバラの会」(桑原史佳会長)が受賞した。
 今年度は、全国で19団体、そのうち九州から4団体、郡市からの受賞は初めて。来年1月には、19団体を集めて開かれる「手づくり郷土賞グランプリ」に出場し活動内容を発表する。
 手づくり郷土賞は、全国各地域で自然、歴史、伝統、文化などを活用した魅力ある地域づくりの事例と活動している団体をたたえて広く紹介しようと、昭和61年度に創設され、今年度で32回目。
 新規受賞の「一般部門」と過去の受賞団体による「大賞部門」があり、今年度は一般部門に32団体、大賞部門に5団体の応募があり、選定委員会(委員長・齋藤潮東京工業大学環境・社会理工学院教授)で審査した結果、一般部門に16団体、大賞部門に3団体の計19団体が選ばれた。
 同ツクシイバラの会は、球磨川河川敷に自生し絶滅の危機にさらされていたツクシイバラを保護しようと、平成18年に発足。現在、約20人で活動し、5月中旬の開花前から錦町の群生地で除草作業、開花期にはコンサート、スケッチ大会、ウオーキングなどのイベント、現地ガイド、おもてなしなど多岐にわたり活動。
 ことしは、公式発見から100年の節目とあって100年後の人々にツクシイバラを引き継ぐための啓発活動にも取り組むなど、これまでの地道な活動が評価された。
 このあと1月28日に、東京都で「手づくり郷土賞グランプリ」が予定され、同会を含む選定19団体が3分間の持ち時間で活動を発表。両部門からグランプリが決定される。
 桑原会長(57)は「私たちの地道な活動に目を向けていただき感謝している。地域の宝物を守る活動はこれからも変わらない。大会ではツクシイバラをどのようにして100年後につなげていくかを伝えたい」と話し受賞を喜んでいる。
ログインして続きを読む

トップへもどる