HOME

更新履歴
ムース ムースを更新しました 2018/11/20

特集 充実の忘・新年会 「茶湯里」へ予約を(かわら版) 2018/11/20

ニュース ゲーム「艦これ」きっかけ 徳島県から参拝に 2018/11/20

ニュース 美声響かせ交流 郡市の12団体一堂に 2018/11/20

瀬音 瀬音を更新しました 2018/11/20

ニュース 鳥獣対策や集客提案 課題解決のサービス競う 2018/11/19

ニュース ICTを効果的に授業へ 人吉球磨で初の大会 2018/11/19

瀬音 瀬音を更新しました 2018/11/19

特集 主伐期迎えた森林郷 最新技術で効率化へ(土曜レポート) 2018/11/17

ニュース 使命と責任胸に秘め 男女18人が決意新た 2018/11/17

ニュース 響け歌声 練習追い込み 23日の「音楽のひろば」へ 2018/11/17

瀬音 瀬音を更新しました 2018/11/17

週間ガイド 週間ガイドを更新しました 2018/11/17

ニュース 「夢に向かって努力を」 相良中で出前ゼミ 2018/11/16

ニュース 濃縮な味わい堪能 各所でワインパーティー 2018/11/16

ニュース 相良村役場が女子の部2連覇 男子・混合の部は球磨村役場 2018/11/16

瀬音 瀬音を更新しました 2018/11/16

ニュース 川上氏生誕100年記念事業実行委を設立 2018/11/15

ニュース 早期発見、治療を啓発 糖尿病週間 2018/11/15

ニュース 放課後の体験教室始まる 社会体育移行へ試行 2018/11/15

ゲーム「艦これ」きっかけ 徳島県から参拝に(2018/11/20) (2018/11/20)
./img/news/20181120043428_1.jpg2093
「球磨」の記念館に見入る山口さん(左)、藤岡さん
 旧日本海軍の軽巡洋艦「球磨」が大正8(1919)年7月14日の進水式から来年で100年を迎えるのを記念し、このほどゲーム「艦これ」ファンの男性が徳島県から艦内神社だった湯前町下城の里宮神社を訪れ、戦没した英霊の御霊をしのんだ。
 徳島県から車を運転してきたのは山口智弘さん(26)。今では慰霊碑の清掃などに参加し、軽巡洋艦「球磨」の特徴、歴史にも詳しく、戦争を語り継ぐ若手の一人だが、きっかけは「艦これ」(艦隊これくしょん)というシミュレーションゲームだった。
 「艦これ」は、艦隊を女性に擬人化した「艦娘」を育成する人気ゲーム。艦隊の多くに日本海軍の艦隊が使われ、それぞれの艦の特徴が「艦娘」に反映されている。
 山口さんはゲームが配信された2003年から利用し、「軽巡洋艦で育て始めたのが、たまたま『球磨』だった」。ゲームで使用していくうちに本物の「球磨」を知りたくなり、戦争について学んだ。最近になって艦内神社が判明し、新たな御朱印、記念館の開館という相次ぐ話題に誘われて初めて訪れた。
 10月には、同じく「艦これ」のキャクラター「球磨」が好きで、軽自動車にキャラクターをラッピングした痛車に乗っている24歳の女性が香川県から訪れている。
 山口さんは軽巡洋艦「球磨」と共に亡くなった英霊の御霊に手を合わせ、記念館では短期間に遺族らの寄贈もあって貴重な写真、情報が集まっていることに驚き、「ここまで充実しているとは驚いている。『艦これ』から戦争を真剣に考え、行動している若者が多いことを知ってほしい」と話していた。
ログインして続きを読む

トップへもどる