HOME

更新履歴
特集 水上村の温泉旅館「水上荘」 事業承継で体験交流型に(土曜レポート) 2022/08/13

特集 吉村 晃一さん(話題の人にインタビュー) 2022/08/13

ニュース 署所再配置 財政支援を 組合合同で総務省要望 2022/08/13

ニュース くま鉄観て応援を 動画制作し全国発信 2022/08/13

ニュース 日本海軍縁に日台交流 慰霊顕彰へチラシ作製 2022/08/13

瀬音 瀬音を更新しました 2022/08/13

週間ガイド 週間ガイドを更新しました 2022/08/13

ニュース “ぎばった”時代絵本に 戦中戦後、球磨弁で解説 2022/08/12

ニュース 電話で詐欺「許さない」 ジュグリッターが啓発 2022/08/12

ニュース 花火大会17日無観客開催 多良木町 ゑびす夏祭り 2022/08/12

瀬音 瀬音を更新しました 2022/08/12

ニュース 地域支える人材に 新規就職者を激励 2022/08/11

ニュース 復興願う「湯灯り」浮かぶ 芋川沿い幻想的に 2022/08/11

ニュース 五木村渓流ヴィラ コロナに負けず2000組目達成  2022/08/11

瀬音 瀬音を更新しました 2022/08/11

ニュース 脱炭素へ電動バス運行 2年間の実証試験開始 2022/08/10

ニュース 球磨中央高8年連続優勝 SDGs視点で実践 2022/08/10

ニュース 計画策定「住民無視」の暴挙 国、県へ抗議文提出 2022/08/10

ニュース 合意形成図り事業推進 宗所長が郡町村長に説明 2022/08/10

瀬音 瀬音を更新しました 2022/08/10

署所再配置 財政支援を 組合合同で総務省要望(2022/08/13) (2022/08/13)
 早期の消防広域化を見据え、7月に協議確認書を取り交わした人吉下球磨、上球磨両消防組合は8日、消防署所の再配置に係る財政支援を求める要望書を総務省に提出した。
 令和2年7月豪雨の際、人吉下球磨消防組合は本部庁舎や西分署が被災したため、消防庁舎の整備計画の見直しに着手。本部および中央署は移転を含めた対応を検討中で、西分署は現在地での建て替えが進む。消防指令センターは同7年度をめどに上球磨消防組合と共同運用することが決まっている。
 豪雨災害の経験や人口減少の状況を踏まえ、将来に必要な消防力と消防体制の維持・確保を図ろうと、昨年11月に管内10市町村長が「人吉下球磨消防組合の再編整備の方向性を考慮し、消防指令センターの共同運用に合わせて速やかに進めていく」ことに合意。
 その後も消防広域化について意見交換を重ね、管内10市町村の首長や議会、両消防組合議会とも早期に広域化することで意見が一致し、先月25日に両組合間で広域化および消防署所の再配置の目的や効果、検討事項などの協議確認書を取り交わした。
 国の消防広域化推進期限は同6年4月1日となっているが、それまでに両組合境界付近における署所の共同設置の協議が調わない可能性があるため、国の推進期限後に広域化する場合であっても実現へ向けて協議しているならば、再配置に要する経費に緊急防災・減災事業債が活用できるよう総務省に要望することにした。
 要望書は熊本県と両組合の連名。この日は田嶋徹副知事や人吉下球磨消防組合管理者の森本完一錦町長、上球磨消防組合長の中嶽弘継水上村長らが総務省を訪れ、当時の金子恭之総務大臣および担当者に要望書を手渡した。
 森本管理者は「国が定める期限までに広域化等を実現させることは難しい。財政基盤が脆弱な自治体でもあるため、施設整備等には緊急防災・減災事業債が必要」、中嶽組合長は「今後の検討課題である署所整備についても再配置によって実現したいと考えているので財政支援をお願いしたい」とコメント。
 総務省は「人吉球磨地域の状況も踏まえ、期限延長について検討していきたい」としている。
ログインして続きを読む

トップへもどる