HOME

更新履歴
ニュース ボートが転覆 急げ! 水難事故に備え初訓練 2019/03/25

ニュース 樹齢300年の「毎床大桜」満開 新緑に映え存在感示す 2019/03/25

ニュース 人形流しイベント閉幕 球磨川に菜の花添え150体 2019/03/25

瀬音 瀬音を更新しました 2019/03/25

特集 春期講習、進学 準備講座開設へ(かわら版) 2019/03/23

ニュース 「やまえ栗」条例を制定 日本一の生産地へ弾み 2019/03/23

ニュース 市花、市だご墓前にと好評 伝統の「ひゅうはぎ市」 2019/03/23

ニュース 観光列車に「夢」も乗せ 機関車庫でシンポジウム 2019/03/23

瀬音 瀬音を更新しました 2019/03/23

週間ガイド 週間ガイドを更新しました 2019/03/23

ニュース 人吉駅一帯 「観光列車」が大集合 2019/03/22

ニュース 31年の歴史に幕下ろす レディース卓球大会 2019/03/22

ニュース 西瀬小の歴史語り継いで 2019/03/22

瀬音 瀬音を更新しました 2019/03/22

特集 新年度入会受け付け中(かわら版) 2019/03/20

ニュース 「今後も頑張り人吉に貢献を」市民栄誉賞 ウッチャンに贈る 2019/03/20

ニュース 喜び悲しみ 思い出胸に 27校754人学びや巣立つ 2019/03/20

ニュース 道の駅「人吉」で登録 SIC開通に合わせ開駅へ 2019/03/20

瀬音 瀬音を更新しました 2019/03/20

ニュース 一冊のノート縁つなぐ 利用客まばらな秘境駅 2019/03/19

ボートが転覆 急げ! 水難事故に備え初訓練(2019/03/25) (2019/03/25)
./img/news/20190325051441_1.jpg2374
ゴムボートで救助活動を行う職員
 球磨川水面利用に関する安全対策連絡協議会(会長・村松広明人吉下球磨消防組合消防次長)は20日、球磨村渡島田の球磨川で初の水難救助訓練を行い、ボートが転覆して川に投げ出された人の救助を通して関係機関の連携を確認した。
 同協議会は、平成23年に静岡県浜松市の天竜川で川下り船の転覆により5人が亡くなった年に発足。この年は球磨川でも2家族9人の乗ったゴムボートが転覆し、地元のラフティングガイドに全員救助された事故が発生した。
 国土交通省や県、市町村、球磨川漁業協同組合、球磨川ラフティング協会、人吉警察署、同組合など川に関わる機関で構成。球磨川や川辺川、万江川を利用する際の安全対策に努めようと情報交換などを行う。
 今回の訓練は、川下りやラフティングの最盛期の夏を迎える前に計画。川下りをしていた2隻のボートが転覆し、多数の人が流されているとの想定で実施。
 同組合職員や球磨川ラフティング協会員、県防災消防航空隊員ら約60人が参加し、午前9時40分に沖鶴橋下流で訓練を開始。
 組合職員が川に投げ出された要救助者役の16人を担当。消防活動二輪車「レッドアタッカー」で現場の状況を確認し、川岸に近い要救助者はロープを投げて引き寄せた。
 転覆したボート付近で身動きの取れない人がいたため、熊本県防災ヘリ「ひばり」の出動を要請。隊員がロープを伝って現場に下り、慎重に引き上げて救助した。
 そのほか、ラフティングガイドもボートを出して川や対岸にいる人を救出。指揮本部に続々と情報が寄せられ、職員は時間や場所、救助人員などの確認に追われていた。
 なお、終了後に検証会を開き、課題を出し合った。
 村松会長は「限られた資機材の中で関係機関が連絡を取り合いながら救助手順を確認できてよかった。しっかりと検証して水難事故の発生に備えたい」と話していた。
ログインして続きを読む

トップへもどる