HOME

更新履歴
特集 人吉球磨60年の出来事 1972年(昭和47年)(人吉新聞創刊60周年企画) 2018/08/13

ニュース 元特攻隊員の“語り部”故・粕井貫次さん「最後のインタビュー」 2018/08/13

ニュース やったぞ!悲願の甲子園 多良木高校野球部OB 2018/08/13

ニュース 地域活性化へ団結! 「山と川」生かし振興策 2018/08/13

瀬音 瀬音を更新しました 2018/08/13

特集 人吉球磨60年の出来事 1971年(昭和46年)(人吉新聞創刊60周年企画) 2018/08/11

特集 「西日本豪雨」教訓!避難の重要性考えて(土曜レポート) 2018/08/11

ニュース 茅の輪くぐり平安願う 「なごっさん」に長蛇の列 2018/08/11

ニュース 無人島キャンプ思い出いっぱい 山江村の小学5・6年生 2018/08/11

ニュース 尾方君(錦ヤンキース)夢へ一歩 2018/08/11

瀬音 瀬音を更新しました 2018/08/11

週間ガイド 週間ガイドを更新しました 2018/08/11

特集 人吉球磨60年の出来事 1970年(昭和45年)(人吉新聞創刊60周年企画) 2018/08/10

ニュース 酷暑下で稲刈り本番 好天続き生育早まる 2018/08/10

ニュース ドイツの若人 上球磨へ 各種体験で住民と親睦 2018/08/10

ニュース 「高等部移転案を白紙に」 市町村長へ意見書提出 2018/08/10

瀬音 瀬音を更新しました 2018/08/10

特集 人吉球磨60年の出来事 1969年(昭和44年)(人吉新聞創刊60周年企画) 2018/08/09

ニュース 不戦願い静かに黙とう 長崎原爆の日 2018/08/09

ニュース 五右衛門風呂気持ちいい いつもと違う夏休み 2018/08/09

元特攻隊員の“語り部”故・粕井貫次さん「最後のインタビュー」(2018/08/13) (2018/08/13)
./img/news/20180813050626_1.jpg1874
生前、粕井さん(中央)を取材する平本副館長(左)
 戦時中、錦町と相良村の台地にあった人吉海軍航空基地。ここで特攻隊の夜間飛行訓練を重ねた元海軍中尉、粕井貫次さん=奈良県奈良市=が、ことし4月7日に94歳で亡くなった。死を覚悟した特攻出撃30分前の体験を通して平和の語り部を続けてきた思いは、錦町木上の同基地資料館にある漫画本「特攻 最後のインタビュー」に受け継がれている。
 平本真子副館長と錦町企画観光課の手柴智晴学芸員による聞き取り調査が、ことし3月8日に粕井さんの奈良市の自宅で行われた。
 粕井さんを囲むように座り、2時間ほどにわたってインタビュー。それによると、粕井さんは戦況悪化の一途をたどる昭和18年、第13期海軍飛行予備学生として、三重海軍航空隊に入隊。同20年1月、鹿児島県の国分海軍航空基地で特攻隊の人選を命じられ、教え子を選抜する中、自らも特攻隊「乾龍隊」の要員となる。
 その後、戦況悪化に伴い、人吉海軍航空基地へ移り、九三式中間練習機(愛称・赤とんぼ)で上空を舞い、夜間飛行の特攻訓練を繰り返した。同20年3月18日、米軍機の空襲を受けた際、約2㍍先に落ちたロケット弾で左足を負傷。その後、香川県で本格的な突入訓練を終え、出撃待機に入った。
 平本副館長の聞き取り調査では、粕井さんから「国分海軍航空基地から赤とんぼが集まり、自分たちがここで濃緑色に上塗りしていた」との新証言も記録。
 インタビューから1カ月後に粕井さんは亡くなり、平本副館長は「体調が悪いにもかかわらず、インタビューに応じていただいた。粕井さんの記憶を記録し、後世に残す」と語り、今後、同資料館でインタビューの上映なども計画している。

ログインして続きを読む

トップへもどる