HOME>>連載

~世界中の球磨んもん~ アラブ・アブダビに暮らす!
上村 裕一さん(人吉市出身)
現地便り2 UAEは世界一が好き・・・・・? (2018/04/11)
./img/rensai/20180411050248_1.jpg34
ブリュジュカリファ
./img/rensai/20180411050248_2.jpg34
手織りジュータン
./img/rensai/20180411050248_3.jpg34
シャンデリア
./img/rensai/20180411050248_4.jpg34
BSAK交流会
./img/rensai/20180411050248_5.jpg34
けん玉、こま回し
./img/rensai/20180411050248_1.jpg34
ブリュジュカリファ
 こちらに赴任して、UAEの世界一と言われるものを見てきました。UAEの世界一と言えば、ドバイにある世界一高い建物 ブルジュ・カリファ(Burj Khalifa)が有名です。アブダビにも世界一があります。それは、シェイク・ザイード・グランド・モスクです。モスクは、日本でいうと寺院的なものです。モスクには異教徒は入れませんが、このグランドモスクは異教徒でも中に入れ、見学することが出来ます。その中に世界一広い手織りのペルシャジュータンがあります。値段は約9億円だそうです。これだけでありません。世界一大きなシャンデリア(直径10㍍)があります。この値段は、約7億円だそうです。このモスクの中は、あまりのゴージャスさに唖然としました。アブダビとドバイで世界一を競っているようです。アブダビの世界一はまだあるので、次回お伝えできればと思っています。

●インター校と現地の学校との交流会
 本校は、毎年ブリティッシュスクール(The British School-Al Khubairat=BSAK)と交流会を行っています。今年もBSAKに行きました。この交流会では、日本人学校の子ども達は5つのグループに分かれて、交流を図りました。各教室では、そのクラスが用意したイギリスの遊びを行いました。本校の低学年の子ども達はほとんど英語がしゃべれません。私も上手くしゃべれませんが、子ども達の輪の中に入って、私の知っている単語を駆使して通訳をしました。しかし、子ども達は、言葉は通じなくても、コミュニケーションを図るのが早かったです。後半の方になると、笑顔で、その遊びを楽しんでいました。
 また、今年はアブダビの現地校、「アル イティハド校」(Al Ittihad)の子ども達が、日本人学校に来てくれました。私は今年2・3年生の担任をしております。本学級の子ども達は、昔遊びをやって楽しみたいという願いがあり、「こま回し」と「けん玉」に取り組みました。本校には、現地の子ども達が在籍しています。その現地の子ども達に、交流会では通訳をお願いしました。その甲斐あって、日本人学校の子ども達は、実演を交えながら、やり方を教えることが出来ました。この交流会でも、言葉は通じなくても、コミュニケーションを図るのが早かったです。「アル イティハド校」は短時間の中で、こま回しやけん玉が上手になって、とても満足そうでした。
 私自身のこちらの生活を振り返ってみますと、もっと英語を勉強しとけば良かったなと痛感しています。しかし、自分の思いを伝えたいという気持ちがあれば、お互いに気持ちが通じ合うことを実感しました。また、もう少し上手く会話が出来るようになりたいと思っています。もっともっと異文化交流や国際交流の経験を積んで、人吉球磨の子ども達のために役立てるように、これからも頑張ります。

./img/rensai/20180411050248_1.jpg34 ./img/rensai/20180411050248_2.jpg34 ./img/rensai/20180411050248_3.jpg34 ./img/rensai/20180411050248_4.jpg34 ./img/rensai/20180411050248_5.jpg34

◇◇プロフィル◇◇
 うえむら・ゆういち、1969年生まれ、平成27年度まで錦町立木上小学校に勤務
◇◇紹介地域◇◇
 アラブ首長国連邦の首都、アブダビ。イスラム文化を色濃く残しながらも、近代的な都市に進化を続けている。観光スポットとして、世界でもトップクラスの大きさを誇る「シェイク・ザイード・グランド・モスク」があり、見た目の荘厳さもさることながら、内部の豪華な造りも圧巻。 
◇◇連載リスト◇◇
現地便り2 UAEは世界一が好き・・・・・? (2018/04/11)
現地便り1 UAEという国は? (2017/11/28)
前のページへ戻る ◇◇執筆者紹介◇◇

トップへもどる