▼ニューストピック

晩秋の人吉に歌声響く 犬童球渓顕彰音楽祭(11/10)

./img/news/20171110050543_1.jpg1256
犬童球渓氏の銅像前で「旅愁」と「故郷の廃家」を斉唱する出席者ら
 第71回「犬童球渓顕彰音楽祭」の碑前祭が10日朝、人吉市カルチャーパレス敷地内に立つ犬童球渓先生銅像前で行われ、市内の児童生徒や関係者ら約370人が歌う犬童氏作詞の「旅愁」と「故郷の廃家」が響き渡った。
 同音楽祭は、その生涯で360余編の作詞作曲を手掛けた郷土出身の音楽家、犬童氏(明治12~昭和18年)の功績をたたえ、老若男女が音楽の下に集う機会を通じて地域の芸術文化の発展につなげようと、犬童球渓先生顕彰会や同音楽祭協議会、市、教育委員会が主催。...
ニュース:地域の話題 コメント(0)

トップへもどる