HOME>>特集

人吉新聞創刊60周年企画 人吉球磨の事始め⑧ 乗用自動車は高嶺の花(2019/02/18)
 「二十年前に人吉球磨を走っていた自動車はわずか千八台。現在では一万六千台余の自動車があり、二十年時とは今昔の感がある。この統計はことし創立二十周年を迎えた人吉球磨自動車協会が熊本陸運事務所の資料をもとに作ったもの。二十年前の昭和三十一年といえば、戦後から十年経ったころでようやく社会が落ち着いた時期」

トップへもどる