HOME>>ニュース

▼ニューストピック

将来見据え考える 「福岡カタリバ」の大学生と(04/11)

./img/news/20180411051444_1.jpg1593
大学生(手前左)と対話する生徒たち
 多良木高校(粟谷雅之校長)は9日、一般社団法人ピープラスが運営する「福岡カタリバ」の大学生27人を迎えてキャリア学習会を開き、最後の卒業生となる3年生67人が将来について考えた。
 トレーニングを受けた大学生のボランティアスタッフが、対話を通して高校生の今後の生き方や在り方を共に考え、高校生の心に明かりをともしたり、意欲を引き出すことを目的としたキャリア学習プログラムの「カタリ場」。...
ニュース:地域の話題 コメント(0)

トップへもどる